ポニーテールウィッグなら人気通販のここ

ウィッグ通販サイトはどこでもポニーテールのウィッグを売ってるよね。
チェックポイントとしては、

  • 価格が安いか高いか
  • ウィッグの品質と自然さ
  • 求めるカラーがあるか

そういったところでしょうか。

 

ポニーテールウィッグの価格帯としては、だいたいですが1,500円から2,000円台前半でしょう。
リネアストリアやアクアドールならメール便で送料無料だし、かなり安い価格で買えるよ。

ポニーテールウィッグを何点か紹介します

ポニーテールウィッグでよく見る人気アイテムとしてば、リネアストリアの人気商品『なみなみシリーズ』でしょうか。
マジックテープでとれるだけという簡単さ。それで可愛く変身できるなら素敵ですよね。
季節に関係なく着けれるポイントウィッグは何個も欲しくなります。
次はアクアドールのストレートロングポニーテールですが、こちらもマジックテープでとめれるのでとても楽チンです。
価格も安いしカラーも多いです。
2個つけてツインテールにするととってもキュートです。
そしてもう一つはスターリッチからです。2,000円を超えますが、高品質の国産ファイバー仕様なんです。品質重視ならこちらもいおすすです。
ロングカールポニーはボリューム感たっぷりなので、短時間で変身できてしまう優れものですね。

天使のウィッグは結局安い?

天使のウィッグは安いと思える品質と自然さですよね。
リネアストリアで買える天使のウィッグシリーズは金額だけを見ると激安ウィッグよりかなり費用はかかりますが、それでも結局は安いと思えるんだからすごいよね。
フルウィッグでも金額だけで見ると、5,000円以下で買える安いウィッグはいくらでもあります。
ただ、もちろん安いなりに理由があるでしょう。
逆に金額自体はその倍くらいするけど、「安いと思えるウィッグ」というのもあります。
私の中ではそれが「天使のウィッグ」なんですよね。

  • 天使のボブ
  • 天使のロングストレート
  • 天使のエマ

価格は変動するかもしれませんので、リネアストリアの公式サイトで確認してもらえると分かりますが、シリーズにより異なりますが、だいたい8,000円弱から1万円ちょっとでしょう。

 

なぜ私が安いと感じるかというと、こういった理由です。

  • 総手植えのオールハンドメイド製法
  • 軽いから長時間着用の疲労が軽減
  • 通気性が良いので夏でも大丈夫そう
  • 人毛のように自然
  • つむじが地毛みたいに自然

 

何がいいっていうかというと、これってフルウィッグで困ることをとことん改善してくれてるんです。

 

例えば通気性とか疲労感とか。
フルウィッグを夏場に被るのは相当勇気がいりますよね。ずっとエアコンがきいた室内にいるならいいですけど、外に出るともう大変です。
自然さを追求してくれてるのもすごいと思う。

 

安いウィッグでおすすめは?って友達に聞かれたら、安いかどうかは被ると分かるよって教えてあげたいな。
天使のウィッグで安いのは天使のボブ
今発売されている天使のウィッグシリーズの中では天使のボブが安い部類に入ります。

 

リネアストリアのウィッグカラー交換は有名のようですがやはり、同じような店が増えてくると、他店と違うことをしないと見てもらえないのかな。
ファッションウィッグが増え始めた頃はこんなにたくさん通販サイトはなかったような気がします。
それが今では楽天でウィッグを検索したらものすごい数がヒットしますよ。

 

ロングにミディアムにショートにどんなウィッグでもすぐに見つかります。
ただ、いつも思うんですが、これといった特徴がないものも多いなということです。価格もカラバリも品質も似たり寄ったりで、それほど大きくは変わらないのかなという思いを感じてたときに見つけたのが天使のウィッグシリーズだったんです。
医療用で人毛のウィッグほど高くはないし、自然なウィッグが安いと思えばそれだけの価値があると感じます。
今は2014年ですが、これからますますこういう拘りのあるものだけが生き残っていくのではないかと勝手に予想しています。
軽さが自然なウィッグといえば?
軽さが不自然だと、肩がこったり疲れやすかったりしますよね。

 

たぶん慣れないことをすると疲れるのと一緒かなと。特にフルウィッグで重いウィッグなんかを被っていると、本当にしんどいですよね。

 

こんな時は自然なウィッグが欲しい!
コスプレするときもあれば、学校や遊びにウィッグつけることもあるでしょう。前髪だけとかポニーテールだけとか部分的なこともあれば、フルやハーフな時もある。
モットーは楽しみながら被れたらと思っています。

関連ページ

普段使いのウィッグが安いおすすめ!

ヘアアレンジを手軽に短時間でと考えるとポイントウィッグも安いしおすすめです。普段使い用に部分ウィッグで特別な日はフルウィッグという手もありますね。

激しいアトラクションならウィッグは被らないほうがいい?

ジェットコースターなどの動きが激しいアトラクションに乗る場合は絶対はずれない、脱げないという自信がないならウィッグは被らないほうがいいでしょうね。

ウィッグでも地毛でも美容室のオーダーの仕方は大事

美容室で地毛にしてもウィッグにしてもそうですが、期待通りのヘアスタイルになれなかった場合、美容師さんだけに非があるわけではないこともあります。

コスプレするならウィッグ必須!なりたいキャラになれるウィッグ