ウィッグのカットは美容室では具体的にオーダーする

普段のヘアスタイル、ウィッグのアレンジなど、美容室を利用する際は、男性、女性、若い、年配かかわらず、必ず自分がこうなりたいというイメージを伝えると思います。
そのオーダーが漠然としてるものだとうまく伝わらず、イメージ通りの髪型にならないこともあるでしょう。
前髪の長さにしてもそうですよね。

  • まゆげの上でぱっつん
  • ほとんど切らないで長さを残す
  • お任せします
  • あまり変わらない感じでちょっとイメチェン

人それぞれ言い方も伝え方も違うかもしれません。
ここが難しいところで、あまりにもアバウトな言い方ですと、取りようによっては、違うニュアンスで伝わってしまうこともあるでしょう。
切りすぎたってのは、美容師さんにとっては、言われた通り切ってることも多いでしょう。
ただ、こちらからすると、短いって思うわけです。
つまり、すでにオーダーした時点で、ずれが生じてたんですね。
少しずつ相談しながら切ってもらうにしても限度があります。

理想のヘアスタイルのイメージを確実伝える

例えば理想のヘアスタイルをしたモデルさんの雑誌を見せるとかでもいいですし、言葉だけではなく画像や写真で伝えるようにしたほうがいいでしょうね。
これは自分の髪の毛の場合でもウィッグの場合でも同様です。
ウィッグの場合でも、自分で被った状態でカットしてもらうことになるでしょう。
その場合は、きちんといつもの位置で被ってからカットやアレンジをしてもらわないと、ずれてて結局自分が求める長さ、スタイルではなかったということのになると、ウィッグの毛は伸びてきませんので、もう使い物にならないということもありえます。気をつけましょう。

 

ウィッグをカットしてもらうのって勇気が入りますので、私の場合は、それは置いといて、新しいのを買うかな。
理由は、ウィッグの製造技術がどんどん進歩している気がしますので、新しいウィッグのほうがより自然なんじゃないかなって思うから。

 

こんな時は自然なウィッグが欲しい!
やっぱり自然なウィッグが欲しい気持ちは変わりません。

関連ページ

普段使いのウィッグが安いおすすめ!

ヘアアレンジを手軽に短時間でと考えるとポイントウィッグも安いしおすすめです。普段使い用に部分ウィッグで特別な日はフルウィッグという手もありますね。

激しいアトラクションならウィッグは被らないほうがいい?

ジェットコースターなどの動きが激しいアトラクションに乗る場合は絶対はずれない、脱げないという自信がないならウィッグは被らないほうがいいでしょうね。

コスプレするならウィッグ必須!なりたいキャラになれるウィッグ
ポニーテールウィッグが自然で安い