ウィッグを被らないほうが安心な場面もあります

遊園地にもお気に入りのウィッグを被っていきたい。
でも、ジェットコースーみたいに動きがある乗り物に乗るかもしれない。
そんな時はどうしましょう。

 

性格にもよるでしょうけど、私はとにかく心配性で、もしこうなったらどうしようとか考えてしまうタイプなので被っていきません。
よほど絶対に外れないなら別ですが、はずれないようにするってことは、はずす時大変ってことですよね。
万が一にもライド中に外れてしまったらと思うと心配で楽しめないし。

 

何よりまずは安心した楽しめることを優先したいと思うんです。
でも絶対外れない自信がある人は別に着けていってもいいと思いますけどね。

ウィッグで人に迷惑をかけたり恥ずかしい思いはしたくない

ブログなどでテーマパークにウィッグを被っていって、コースターに乗ったら外れてしまった経験がある友達がいるというのを見たことがあります。
街中を歩いていて外れるのとは違い、アトラクションに乗ってるときに外れるとういのはとんでもなく危険なことでしょう。
万が一にもそのウィッグがレールに挟まってしまったりしたら取り返しのつかないことがあります。
もし、どうしてもそういう場所に被っていきたいなら、コースターのように逆さになったり、スピードが出たり、動きがある乗り物は乗らないほうが私はいいと思います。

 

デートなんかでしたら、がんばってオシャレしたいのも分かりますが、もし外れたらどうしようなんて考えながらではせっかくの時間が勿体ない気がします。軽く盛る程度に、自然なポイントウィッグくらいをつけて行って、乗り物に乗るときに外すというのはいいと思いますけどね。
最近の部分ウィッグはつけ外しがかなり簡単になってますから。さすがにフルウィッグを脱いだり、被ったりするのは面倒ですし、時間を有効に使いですしね。
例えば、朝は、ロープウィッグとかはつけていって、途中からとって、アトラクションに乗るでもいいと思います。
口コミを見ててもほとんどの人が同じようにコースター系に乗る予定なら着けないほうがいいと書いていました。

関連ページ

普段使いのウィッグが安いおすすめ!

ヘアアレンジを手軽に短時間でと考えるとポイントウィッグも安いしおすすめです。普段使い用に部分ウィッグで特別な日はフルウィッグという手もありますね。

ウィッグでも地毛でも美容室のオーダーの仕方は大事

美容室で地毛にしてもウィッグにしてもそうですが、期待通りのヘアスタイルになれなかった場合、美容師さんだけに非があるわけではないこともあります。

コスプレするならウィッグ必須!なりたいキャラになれるウィッグ
ポニーテールウィッグが自然で安い