プリシラのバンスウィッグだからいいんです

さすがプリシラはこだわりがすごいですよ。
新作のバンスウィッグも特徴が分かりやすい♪

 

部分ウィッグですから、ポニテウィッグみたいなものですが、より自然で簡単な感じ。

 

だって、バンスクリップで挟み込むだけですからね。
バンスウィッグのクリップ
そんなに力を入れなくても開くから、自毛をしっかり挟める。
でも肝心のファイバーが安っぽいのでは、どうしても不自然になってしまいます。
そこは自然にこだわるプリシラらしい新ファイバーです。
まるで人毛のような細さの日本製耐熱ファイバーを100%使用してるんですもの。

 

今のところバンスウィッグには、

  • ナチュラルカール
  • Jカール
  • ワンカール

とありますよ。

 

カラーも3色あって、
バンスウィッグのカラバリ

  • TNC:耐熱ナチュラルカラー
  • TMB:耐熱マロンブラウン
  • TDM:耐熱デイリーマロン

 

忙しくて時間がない時も、いつもと違うヘアスタイルをしたい時も、簡単なのはありがたい。
フルウィッグは重くて苦手なら、こういうポイントウィッグをいつくか揃えるのもいいですよ。

プリシラのバンスウィッグで時短ライフ

プリシラのウィッグで特徴がはっきりしてるから、そこら辺で売ってる激安なチープなのとは全然違います。
値段で勝負ではないんでしょうね。
安かろう悪かろうなのではなく、何かにこだわりがある女性におすすめです。
例えば自然さ、簡単さなどでしょうか。
自然さといえばバンスウィッグにも採用されていますね。
それに時短。要は時間を短くするわけですが、着け方が簡単なのはポイントウィッグも一緒だけど、バンスならもっと簡単だと思うんだ。
実はバンスクリップの上部にワイヤーが入ってるんですけど、これで浮きにくいという工夫にもなってるんです。

 

時間がないのは誰でもでしょう。余裕を持ちたいのですが、なかなかそうはいかないんです。
団子をつくってクリップでとめるだけで、可愛いポニテが出来るんだから優れものでしょう。
あとは時期的なものかな。特に夏場の暑い日中にフルウィッグはかなりこたえます。蒸れますからね。
いくら通気性がよくて軽くても、負担が増えるのは間違いありません。
その点、部分ウィッグは軽さも暑さもフルウィッグより優れてますから。

関連ページ

プリシラウィッグは安いの?

人気のウィッグといえばプリシラですが、激安ショップと比べると安いのでしょうか。

プリシラのオールウィッグの伸縮キャップって何?