プリシラ新作はまさにスッピンのようなウィッグ

文字だけ読んでもちょっと意味が分からないかもしれません。
「すっぴんウィッグ?」

 

プリシラはやっぱり違います。

 

コテコテと盛るのとは違っていかに自然に美しさを出すか、そこに注目してるんでしょう。

 

コスプレするなら別ですが、普段使い、結婚式やパーティーなどで着用する、そういう場合は自然さは絶対条件になりますよね。

 

  • ウィッグ特有のテカリがある
  • つむじが不自然
  • カールがいかにも人工的
  • 頭のボリュームに違和感がある

 

こういうのは、ぱっと見てウィッグだと分かります。
違和感がある不自然なウィッグなんて、着けるのも見るのも嫌ですよね。
でも、安いウィッグだとどうしてもこうなってしまいます。

 

プリシラって、ユーザーの声を反映して新しいウィッグを作ってくれてるとういのはサイトを見ればよく分かります。
今回の「すっぴんウィッグ」もまさにそんな感じです。

 

  1. テカリを抑えて人毛みたいな質感
  2. 本物の頭皮みたいなつむじ
  3. 自毛を巻いたような自然なスタイル
  4. 小顔効果が出る自然なシルエット

 

オールウィッグで1万弱ってところ。送料無料。

 

金額だけ比較すると安いと言えない!って思うかもしれません。
でも、何でも言いますが、「この値段でこの品質は安い」って思われるのがプリシラのウィッグだと思います。

 

  • オールウィッグ A-668 コットンロングカール ¥9,200 + 税
  • オールウィッグ A-669 フローラルミディ ¥9,200 + 税
  • オールウィッグ A-670 フレンチウェーブ ¥9,200 + 税

 

2015年から始まる新しい自然なウィッグトレンドがこれでしょう♪

プリシラが追求する自然なウィッグは分かりやすい

何年も、何サイトも、ウィッグのホームページを見続けてるとトレンドというのがだいたい分かってきます。
それぞれのサイトの特徴というのも分かってきます。
ある程度値段は抑えるけど、自然さはそこそこなショップもあれば、逆に少しくらい高くてもより自然なのを追求するサイトなど。
正直私の中では、何サイトかあきらかに自然さがないなって思うところもありますが、それは書かないでおきます。
たぶん一度注文したらそれも分かるでしょうから。もちろん、価値観ですから、値段を優先する人もいるでしょう。
でも、ウィッグなんて、何種類みんな持ってるかは知りませんが、そこまでたくさんにならないかなと思います。置き場所も必要ですから。
さすがに、本格的な医療用とか人毛のようなウィッグになると厳しい面もありますが、プリシラのようにフルウィッグで1万円くらいで自然さを追求してくれてるならこれは買えるかなと思います。
自然さをうりにするウィッグ通販サイトも多いですが、言葉ではそう書いていながら、具体的にどうなのかは書かれてなかったりします。
ウィッグはオシャレだったり薄毛だったり、いろんな方がいろんな目的で使用するものです。とてもデリケートなアイテムですから、店側もきちんと考えてくれてるショップを選びたいといつも思っています。

プリシラの「すっぴんウィッグ」が自然で自毛みたい!記事一覧

プリシラのバンスウィッグだからいいんですさすがプリシラはこだわりがすごいですよ。新作のバンスウィッグも特徴が分かりやすい♪部分ウィッグですから、ポニテウィッグみたいなものですが、より自然で簡単な感じ。だって、バンスクリップで挟み込むだけですからね。そんなに力を入れなくても開くから、自毛をしっかり挟める。でも肝心のファイバーが安っぽいのでは、どうしても不自然になってしまいます。そこは自然にこだわるプ...

品質の割りに安いと思うのがプリシラウィッグ服でも靴でもカバンでも、何でもなんですけど、安いかどうかで探していくと、本当に安さだけを追求したんだろうなってものもあります。そこそこの品質だけど、値段もそこそこってのもありますけどね。その点、プリシラのウィッグって値段は少し高めだけど、高品質ってイメージがあるんです。値段も手が届かないってほどでもなく、オールウィッグでも1万ほどですからね。でも、ネット通...

プリシラウィッグのこだわりがキャップオールウィッグ(フルウィッグ)においてキャップによって装着感や通気性が異なります。それによって快適さも違ってきますよね。例えばプリシラから出てる伸縮キャップというのがすごいみたいです。さすが人気ブランドですね。伸縮性においては、締め付け感が軽減しています。ですので長時間着けたりすることや、着脱が快適になっているようです。次は通気性です。キャップ全体がメッシュ素材...