ウィッグを被ってて雨に濡れてしまうこともある

6月に入りいよいよ夏が近づいてきましたが、その前に梅雨があります。
湿気が多くてジメジメしますし、何より雨が多いですから、ウィッグを被ってる日に濡れてしまうこともあるでしょう。

 

ウィッグの場合は、商品にもよりますが、安いのだと、雨に濡れるとすぐにウィッグだとばれるでしょう。テカテカ感もでますし、出来るかぎり早く乾かしたいところですね。
もちろん、時間がたてば乾きますが、放置とうのは避けたいところです。

 

でも会社や学校に行く途中に濡れてしまったり、会社終わりの約束の場所にいく途中で濡れてしまうこともあるでしょう。
そんな時は、ウィッグをはずすことも考えておいたほうがいいかもしれませんね。

 

備えあれば憂いなしとはいいますが、前もって、いつでもウィッグをはずせる状態にしておくってことです。
ウィッグをはずしても、すぐに地毛でなんとかなるように準備しておくのも大事ですね。

人毛ウィッグなら濡れても自然かな

人毛のウィッグは高いですが、雨に濡れてもファイバーのより自然です。
見た目の自然さはもちろんですが、人の毛を使ってるわけですから自然なのは当然でしょう。
デメリットもありますが、雨に濡れても気にならないかもしれませんね。
人工ファイバーの場合は、とにかくいそいで乾かすようにしないとね。

 

人の毛を使ってるからといって、ばれにくいウィッグといっても、見る人が見るとわかるでしょう。
どこまでの価格で購入したいかにもよるでしょうけど、なかなかそういう人毛のを買い続けるというのは簡単なことではないかもしれませんね。

 

ウィッグを被る場面は人によるでしょうけど、いろんな場面が考えられます。
結婚式用ウィッグでオススメの通販とかもそうですが、そういう時に雨に降られると結構厄介ですね。湿気の多い時期とかも私は嫌いです。

関連ページ

ウィッグが不自然に感じる部分と場所はどこ?

ウィッグは人毛か人工毛かの違いはあってもやはり不自然に見えやすい部分があります。あまり神経質になるのも良くないかもしれませんが、人によって気になる部分も違うかもしれません。また、日光の下ではばれやすいとかもあります。

お呼ばれ結婚式でウィッグだとばれたくない

結婚式にお呼ばれした時にドレスを着たりオシャレはすると思いますが、ウィッグでアクセントを着けるのもいいですね。ただ、露骨にウィッグを被ってますというのは避けたいところです。

医療用ウィッグは高いけど自然な部分

医療用ウィッグ(かつら)は確かに値段だけ見ると高いですが、そもそも使ってる毛も製法も違うわけですから比較する必要はないでしょうし自然さで違いが出るのも不思議ではありません。本当に満足できるなら価格よりも大事なこともあると思います。外出の不安が軽減されるなら高くても自然なウィッグを選ぶことも考えることもあるでしょう。

ウィッグの自然さは自分に合うかも大事

ウィッグがいかに自然かというのは商品自体も重要だけど、それより前に自分自身の顔やスタイルに合うかということもよく考えないといけないですね。

キャバドレスに合わせてウィッグも選ぶ

服装に合わせたいところですがキャバドレスを着る時もウィッグでヘアスタイルを変えるとかなり印象を変えることができますよ。

ウィッグは即日発送の通販で買う!

ウィッグを即日発送してくれる通販サイトは人気です。プリシラなんかは遅めの時間でも即日対応だから助かります。自然なウィッグも多いし対応も早いしさすがですね。

医療用かつら(ウィッグ)の宅配で自宅で試着

医療用かつらは基本的に高いです。数万円するのも普通にあります。ただお金には変えることができない充実したサービスを提供してくれるメーカーもあります。例えば宅配サービスで自宅で試着できるといったものです。

薄い頭皮を隠すために自然で安いウィッグも使える!